予算内で収まりました。


今回は、小樽市エリアでの不要品回収ケースでした。リサイクル費には、運搬収集費用は含まれておらず、それらを合算すれば、大きな出費となってしまうため、予算が厳しかったようです。リサイクル費は法的ルールがあり、これを避けて通ることはできません。節約する方法の一つとして、買取りや無料で持ち込めるリサイクルショップを探すことをおススメしています。この度は、小樽市での処分以外の方法をお伝え致しました。